ぱーぷるのブログ

13年間ドラッグストアで化粧品担当・登録販売者として多くの方の肌悩みや医薬品・健康食品のカウンセリングをしてきました。それらの知識をもとに、有益な情報を発信していきます!

うさぎの楽園♪広島県大久野島、別名”うさぎ島”と周辺観光紹介

f:id:purple0221:20190417150242j:plain

1000羽を超えるうさぎが生息し、「うさぎの楽園」と呼ばれている大久野島ですが、かつては毒ガス工場があり、世界大戦中は地図から抹消されていた過去があります。

 

いまではカワイイうさぎたちの他、廃墟好きにはたまらないスポットもあり、多くの観光客が押し寄せ、話題になっています!

 

そんな大久野島”うさぎ島”を100%満喫できる方法をご紹介していきます!

 

<目次>

 アクセス方法

広島県の忠海港から大久野島(うさぎ島)までのフェリーが運航しています。

  ↓

rabbit-island.info

港は駅から近い場所にあるので、電車か車で行くことができます。

 

車は港にずらーっと駐車していくのですが、平日でもかなり多いので、できれば朝早くに行くのがおすすめです。

観光客が多い時期だと、駐車スペースが足りない場合もあります。

ちなみに駐車料金は無料でした。

 

港にはショップも併設されており、オリジナルグッズやうさぎの餌も販売されています。

港からは約15分ほどで大久野島に到着します。

 

うさぎの餌について

私は家からニンジンなどの野菜をカットして持参したのですが、港のショップでもウサギ用のペットフードを購入することができます。

かなり多めに持って言ったつもりだったのですが、実際に行くとうさぎの数が尋常ではないので、すぐになくなってしまいます。

 

私が個人的に「いいな」と思ったのは、外国人観光客の方が持っていた干し草”です。

ホームセンターなどでも販売していると思うのですが、1袋持ってそこら辺にいるうさぎにちょとずつあげていました。

 

正直見た目は大きいですし持っていると恥ずかしい気持ちはあるかもしれませんが、量は多いし軽いし、「賢いなぁ」と思いました。

実際うさぎの食いつきもよかったです。ボリボリ食べてました。

 

ちなみに干し草には食用と寝床用で使うものがあるみたいなので、食用のものを持参してくださいね。

 

島内での移動手段

忠海港から大久野島まで着いたら、休暇村までの直通バスが出ているのでそちらを利用しましょう。

歩いても行けますが、ちょっと遠いので、日帰りの方は時間短縮のためにもバスがおすすめです。

 

また、天気のいい日にはレンタサイクルもおすすめです。

島内を徒歩で一周回るのは結構大変なので、自転車は重宝します。

ただ、そこら中にうさぎがいるので、危ないですからゆっくりと走りましょう。

 

資料館

休暇村までバスで移動する途中に、毒ガス資料館があります。

結構早く締まってしまうので、興味がある方は最初に寄ってみるのがおすすめです。

 

休暇村

休暇村は宿泊、食事ができる施設です。

かなり大きな施設で、年末年始も営業しているようですよ。

休暇村ではおいしいランチを食べることができます。

おすすめはカキフライの定食。

とってもおいしいかったです♪

www.qkamura.or.jp

大久野島のお土産も、こちらのショップで購入することができます。

 

うさぎへの接し方

①うさぎには人間の食べ物を与えないようにしましょう。

②うさぎを走って追いかけたり驚かせたりしない。

抱っこはしない。野生のうさぎなので、抱っこには慣れていません。急に暴れたりすることもあり、危ないので撫でるだけにしましょう。

お水は上げてもOK。道を歩いているとところどころに水を入れる容器が置いてあります。空になっていたらお水を入れてあげましょう。ジュースやお茶は入れないでくださいね。

道路で餌をやらない。道路の真ん中で餌を上げるのは危険です。車や自転車などが通るので、エサをあげるときは気をつけましょう。

 

服装

島内はうさぎが掘った穴が無数にあいています。

かなり足元が悪い状態なので、靴はスニーカーがおすすめです。

また、しゃがんで餌をやっているとうさぎが足をかけてきたりもするので、土などがついてもいいような服で行くのがおすすめです。

 

島内観光スポット

廃墟

島の端っこの方に行くと景色の綺麗な場所や”廃墟スポット”が数か所あります。

全部を回るのは大変かもしれませんが、ぜひ足を延ばしてみてほしいです。

 

f:id:purple0221:20190417150338j:plain

いい感じの”廃墟スポット”があり、雰囲気のある写真が撮れます。

基本的にはうさぎは餌がもらいやすい「休暇村」付近に多くいますが、どこに行っても数匹は視界に入る状態なので、景色とともにうさぎを撮るのは簡単です。

 

f:id:purple0221:20190417150424j:plain

海岸沿いを散歩していると、海が本当にきれいです。

夕方には夕日を見ながら散歩するのもいいですね。

 

アート

f:id:purple0221:20190417150401j:plain

うさぎの耳を模したアート作品があります。

中に入ると塩風の音を感じることができます。

 

所要時間

まる1日中楽しむことができます。

余裕があれば1泊してみるのもいいですね。

うさぎと戯れていると、時間があっという間に過ぎていきます。

 

忠海港周辺の観光スポット

アオハタのジャムデッキ

忠海港のすぐ近くに、アオハタのジャムデッキ(ジャム工場)があります。

せっかく近くに行くなら、ぜひ訪れてほしいおすすめスポットです。

 

こちらでは、工場見学と自分でジャムを作る体験ができます。

※予約制なので、あらかじめ予約を取ってから行ってくださいね。

 

f:id:purple0221:20190417150501j:plain

作れるジャムは3種類くらいあるのですが、その日最初に予約を取った人が種類を決められます。

私の時は先に予約した方が「ブルーベリージャム」を選択されていたので、私が予約をした時には「この日はブルーベリージャムを作ります。」という風に決まっていました。

 

瓶は季節によって模様が変わるようですよ。

とってもおいしいジャムが出来上がって満足!

 

ジャムデッキの中ではアオハタのジャムを購入することもできます。

普段はお店で見かけないような商品もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

私は珍しい「ラムレーズンチョコ」のジャムを購入しました。

お酒が入っていて、アイスにかけて食べると絶品でしたよ!

 

アヲハタ|アヲハタ ジャムデッキ(見学・体験施設)

 

広島のお好み焼きは絶品

 

f:id:purple0221:20190417150531j:plain

有名なお店が何店舗かあるのですが、どこに行っても本当においしいです。

季節によっては牡蠣の鉄板焼きなども楽しめますよ♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

うさぎ島は非日常を味わえる癒しの楽園です♪

多くのうさぎたちに囲まれて、夢のような時間が過ごせますよ。

広島には尾道などの観光スポットもありますが、時間があればぜひ大久野島に足を運んでみてくださいね。