ぱーぷるのブログ

13年間ドラッグストアで化粧品担当・登録販売者として多くの方の肌悩みや医薬品・健康食品のカウンセリングをしてきました。それらの知識をもとに、有益な情報を発信していきます!

すっぴんでもOK?コスメカウンター初心者さんのためのアドバイス

 

新生活も始まり、コスメを新調したい・自分に似合うコスメが知りたいという方も多いのではないでしょうか。

 

f:id:purple0221:20190518180304p:plain

そんな時はコスメカウンターに行ってプロのアドバイスをもらうのが一番ですよね!

 

でも、コスメカウンターってそうそう行き慣れている人はいないと思いますし、「買わないといけないんじゃないか」とか、「どこのブランドに行けばいいんだろう」とか、いろいろ不安なことが多いですよね?

 

今回は、コスメカウンター初心者さんの参考になる内容をまとめてみました♪

 

<目次>

 

ブランドの選び方

日にちに余裕がある場合は、”下見”に行ってみるのがおすすめです。

この時チェックするのが、ビューティーアドバイザー(以降BA)さんのメイクや髪形・制服の雰囲気などを観察しましょう。

 

以前プチプラブランドの選び方の記事でもご紹介したのですが、ブランドにはそれぞれイメージがあります。

 

www.purple0221.com

例えば自分に似合うナチュラルメイクを知りたいのに、個性的なラメやカラー展開が多いアナスイに行ったり、逆にみんなと違う個性的なメイクがしたいのに、万人受けメイクが得意のイプサに行ってしまったり。

 

イメージの違うブランドに行ってしまうと、自分の思い通りの提案がされなかったり、納得のいくものが買えなかったりしてしまいます。

 

まずはデパートのコスメ売り場に行って、「あのBAさんみたいになりたい、きれい!」と思えるブランドを探しましょう。

 

そのあとは、家に帰って気になったブランドサイトの今期のトレンドをチェックしましょう。大体HPの最初に出てきます。

新商品や定番メイクの仕上がりのイメージなどを見て、自分が理想とする仕上がりを想像してみましょう。

 

こうすることで、いざコスメカウンターに行ったとき、「要望が何も伝えられない」ということが防げると思います。

 

コスメカウンターはすっぴんでもOK?

ブランドによっては有料でフルメイクをしてくれる予約ができるところもあります。

しかし、普通に行くときには普段通りのメイクをしていくのがおすすめです。

 

BAさんはプロなので、出会ってすぐにあなたのメイクをチェックしています。(そう思うと緊張するかもしれませんが、気にしないでください^^)

 

別にメイクが上手い・下手というのを判断しているのではなくて、普段どんなメイクをすることが多いのか、どれくらいの濃さのメイクが好みなのか、どんな色味が好きなのかを物凄く短時間で観察しているんですね。

 

これって実は物凄く重要なっことで、もしすっぴんで行ってしまったらあなたの好みが全然わからずに、濃すぎたり・薄すぎたり・普段全くつけないような色味でメイクをされてしまったりする可能性が大きくなります。

あなたが取り入れやすいメイクを教えてもらうためには、普段のメイクを見てもらうのが何より重要なことなんです。

 

もう一つの理由は、すっぴんだとタッチアップに時間がかかりすぎてしまうことです。

説明を受けながらフルメイクとなると、大体40分くらいはかかります。

色選びやカウンセリングをしていたらもっとかかることも。

予約をしていった場合はいいのですが、いきなり言った場合はかなり時間を取ることになるので、特に混雑時には控えたほうがいいかもしれませんね。

 

コスメカウンターは華やかな場所なので、それなりに綺麗にしていくのがいいかと思います。すっぴん部屋着で行っちゃダメというわけではないのですが、周りのお客さんも美容意識が高い人が多いので、意外とみられちゃってます。。。

面倒かもしれませんが、フルメイクしてもらうときでも個人的には薄く化粧していくのがいいかと思います。着いたらBAさんに落としてもらえるので♪

 

服装や髪形

服装はめちゃくちゃおしゃれしていく必要もないのですが、普段着ている服でちょっときれい目のものがいいかもしれません。

髪形も特別のものではなく、ちょっときれいに整えるくらいでOK。

 

仕事で使うメイクを聞きたい場合は、仕事の際の服装や髪形・会社の規定などを伝えるとそれに沿ってアドバイスしてくれると思います。

 

眉は整えていく

コスメカウンターで眉を描いてもらう場合、ぼさぼさの状態だととっても書きにくいので、ある程度整えていくのがおすすめです。

余分な毛があるとそれが邪魔して正しい眉が書けません。

首から上の毛は美容師の資格がないとカットできませんので、自分で整えていくことが大切です。

眉がないところに書き足すことはできますが、余分にあるものを消すのは大変なので、しっかりお手入れしていくのがおすすめですよ♪

 

メイクしてもらうときのポイント

f:id:purple0221:20190514232939j:plain

声をかけてもらうor自分から声をかける

大体商品を見ていたらBAさんが声をかけてくれると思います。

最近は混雑している場合は整理券を配っているところも多いので、BAさんが忙しそうなら自分から聞いて確認しましょう。

 

要望を伝える

どんな商品を探しているか、どんなイメージになりたいかをできるだけ細かく伝えましょう。BAさんが実際に使っている化粧品を聞くのもおすすめです。

イメージがわからない場合は、「どれが似合いますか?」とプロの意見を聞いてみましょう。いろいろと質問してくれて、選ぶ手伝いをしてくれますよ。

 

顔は右斜め上に

メイクをしてもらっている間、慣れていないと恥ずかしくてついついうつむいてしまいがちよね?

メイクをしているBAさんからすると下を向かれると陰になって見にくいですし、とってもメイクがしにくくなってしまいます。

 

大体の方は右側に立って右手でメイクをされますので、顔は少し右斜め上に傾けるとメイクがしやすくなります。

綺麗に仕上げてもらうために、少しだけ意識してみてくださいね♪

 

どんどん質問する・リアクションは大きめに

メイクをしてもらっている間、わからないことはどんどん質問していきましょう。

「メイクに興味がある、わからないことを教えてほしい」というのがBAさんに伝われば、いろいろなことを教えてくれます。

 

例えば口紅をつけてもらったら、ついでに「眉がうまく書けなくて困っている」と伝えると、今自分で書いている眉をどう直せばもっとよくなるか教えてくれますよ。

 

あとは、メイクしてもらったり教えてもらったりした後は、しっかりリアクションを取ったほうがいいかなと思います。

別にBAさんをヨイショするわけではないのですが、いいと思ったところは素直にいいと伝え、イメージと違う場合はそれも素直に伝えましょう。

 

反応が薄いと、BAさんはあなたが納得しているのかしていないのかがわからず、不安になったり、提案がしにくくなってしまいます。

自分の好みをわかってもらうためにも、感想を素直に伝えましょう。

 

その場で購入しなくてもOK

f:id:purple0221:20190510220646j:plain

コスメカウンターに行ったら「必ず何か購入しなくちゃいけない」ということはありません。

失敗しないためには、いったん家に帰ってメイクの色もちや肌荒れしていないか、自然光に当たるとどんな発色になるかなどをチェックすることも大切です。

 

もし最初から購入する気がない場合は、「化粧もちを確認してから買いたいので、今日は試すだけでもいいですか?」とか、「肌が弱いので合うかどうか試してから買います」など伝えれば大丈夫です。

 

その場で購入しなかった場合は、パンフレットに色番をチェックして渡してくれることが多いです。

家に帰ってじっくりと検討してみてくださいね。

 

気になる商品のサンプルをもらう

同じメーカーで他にも気になる商品があれば遠慮なく伝えておきましょう。

例えば口紅のタッチアップをしてもらった時に、スキンケアで困っていることや、気になる商品の話などをしておくと、タッチアップが終わった後に説明してくれたりサンプルをくれる場合があります。

 

これをしなくてもサンプルをくれるとは思いますが、自分が使わないような商品や、メーカーが一押しのサンプルをくれたりするので、どうしても使ってみたいものがある場合は伝えておいたほうがいいかもしれません。

 

もらったサンプルはすぐに使う

コスメカウンターでもらったサンプルを取っておいて旅行の時に使う方って結構多いですよね?

荷物も少なくなるし便利なのですが、パウチサンプルって結構使用期限が短く、すぐに変質してしまうので、もらったらなるべく早く使い切るのがおすすめです。

 

それに、いざ使用用としたときにもらってからあまりに時間がたってしまっていると、「どんな悩みにいい化粧品なのか」「どうやって使用するのか」などを忘れてしまっていて、結局効果をしっかり実感できなかったりしてもったいないかなぁと思います。

 

おすすめは、コスメカウンターでもらったその日の夜のお手入れで、正しい使用方法で効果を実感しながら使うのがいいと思います。

サンプルもしっかりと有効活用してくださいね♪

 

使い方をしっかり確認しておく

コスメカウンターでタッチアップしてもらうと、ついついテンションが上がって即買いしてしまうこともあると思います。

注意したいのは、帰ってから使えるようにしっかり教えてもらうことです。

例えばチークを買ったとき、どんな入れ方が合うのか、どんな色と組み合わせて使えるのかなど、しっかりと確認しておきましょう。

 

買ったのはいいけど、全然使わないという失敗を状態を防げると思います。

 

BAさんの顔と名前を覚える

f:id:purple0221:20190502160326j:plain

タッチアップしてもらって、自分のことをしっかり理解してもらえる、自分にとっていい提案をしてもらえる気の合うBAさんを見つけておくことはとても重要です。

次回行くときにも対応してもらえるよう、名前を聞いておきましょう。

 

メーカーによっては出勤カレンダーを渡してもらえるところもあります。

ブランドごとにプロフィールシートを書いて接客の内容は管理してくれていますが、毎回違うBAさんだと、最初から説明しなければいけませんし、以前購入した商品や紹介してもらったアイテムの感想なども伝えづらいですよね?

コスメカウンターも美容院と同じように担当者を見つけておくことで、自分好みの新商品を紹介してもらえたりといいことがたくさんありますよ。

 

 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したことは、絶対にやらなくてはいけないこととは言えません。

ただ、せっかく勇気を出してコスメカウンターに行くのですから、しっかり技術や知識を習得して、きれいになりたいですよね♪

BAさんと円滑なコミュニケーションをとることで、あなたの美のサポーターになってもらいましょう!

 

今回の記事が参考になればうれしいです。

 

おすすめの関連記事はこちら ↓

www.purple0221.com