ぱーぷるのブログ

13年間ドラッグストアで化粧品担当・登録販売者として多くの方の肌悩みや医薬品・健康食品のカウンセリングをしてきました。それらの知識をもとに、有益な情報を発信していきます!

今が旬!プリプリの牡蠣を簡単レシピでオイル漬けに

岡山県日生産のプリプリの牡蠣が売られていたので、

今回はオイル漬けにしてみようと思います!

スーパーで売られていたものを2袋使用しました。

 

参考にしたレシピはこちら

cookpad.com

 

 

《作り方》

手順①

牡蠣に片栗粉をまぶして優しくなじませ、洗い流します。

この時牡蠣をつぶしてしまわないように、やさしく触って洗ってください。

牡蠣のみは柔らかく、繊細です。

ボロボロになると最後の見た目が悪くなってしまうので、注意が必要です。

汚れが取れてきれいになりました。

今回は生食用しか売っていなかったのですが、加熱用のものか冷凍の牡蠣だと、

火を通しても縮まずに大きさをキープできるみたいです。

 

手順②

オリーブオイルとにんにくを入れ、牡蠣を炒めていきます。

 

白ワインを入れて、牡蠣に火が通るまで炒めていきます。

焼き目はつかなくても煮るような感じOKです。

この時灰汁が出てくるので、後々の味や見た目のためにしっかりと取り除きましょう。

今回の牡蠣はすごく新鮮なので、加熱してもプリプリ感がすごいです。

火が通ったら牡蠣だけを取り出します。

 

手順③

残った水分を煮詰めて、オイスターソースを入れます。

水分がなくなってきたら再度牡蠣を投入!

f:id:purple0221:20190409102020j:plain



いい香り~♪

醤油を入れて、味を調えます。

(※こげないように注意!)

 しばらく炒めると、

完成です!

f:id:purple0221:20190409102050j:plain



できました~♪

形もしっかり残っていてプリプリです。

仕上げにエキストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけました。

鷹の爪も入れてちょっとピリ辛な感じなので、

おつまみにもピッタリ!

残ったオイルはパンにつけたりパスタに使ったりできるようです。

 

この後フランスパンにつけて食べてみたのですが、牡蠣の香りとニンニクが効いていてとってもおいしかったです。

トーストしたらガーリックトーストになりそう。

次回試してみようと思います。

まとめ

今回は以前購入したお気に入りのIWAKIの保存容器に入れて、

そのままテーブルに出しました。

見た目も厚みがあるきれいなガラスなので、お皿代わりとしても使えます。

匂いもつかないし残ったら蓋をして冷蔵庫で保管できるので便利です。

今回作った牡蠣のオイル漬けは2週間ほど保存できるそうですよ。

牡蠣以外でも、海老やマッシュルーム、ホタテなどで作ってもおいしそうですね。

簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。