ぱーぷるのブログ

13年間ドラッグストアで化粧品担当・登録販売者として多くの方の肌悩みや医薬品・健康食品のカウンセリングをしてきました。それらの知識をもとに、有益な情報を発信していきます!

簡単!マニキュアタイプのセルフジェルネイルのやり方をご紹介

みなさん、ネイルってどうされていますか?

お店でやってもらうときれいに仕上がりますが、結構お値段もしますよね?

時間も2時間くらいはかかりますし大変です。

最近は不器用さんでも自宅で簡単にできるジェルネイルがあるので、ご紹介していきますね。

 

ジェルネイルについて

私は仕事を辞めてから今まで3か月ほどお店でジェルネイルをしてもらっていました。

次に働くまでの間、ネイルを自由にできるチャンス!と思って、いろいろな柄にしてもらって楽しんでいました。

しかし、もともと爪が薄いこともあり、付け替えるたびにちょっとずつ削られることに耐え切れず、ついに爪がボロボロになってバキバキに折れてしまったんです!

 

「せっかくのジェルネイルがもうできない。。。」

でも何も塗らないと本当に爪が割れてしまって危ないので、普通のネイルを塗っていたものの、あまり補強にならず少し伸びては割れるの繰り返しです。

そんな絶望の中、お店で発見したのがこちら。

ジェルミーワン

f:id:purple0221:20190415154336j:plain



こちらはマニキュアタイプのジェルネイルなのですが、

①サンディング(爪を削って凸凹にする)

②ベースコート

③トップコート

④ふき取り

が不要の自宅でできるジェルネイル。

「なんて便利な!!」

前からあるなーとは思っていましたが、それほど必要性は感じておらず、手に取ることもありませんでした。

もっと早く買っておくべきだった。

ダッシュで家に帰ってさっそく使ってみました。

商品の中身と色

私が購入したのは使いやすそうなピンクベージュという色です。

他にもたくさんの種類がありました。

中身はマニキュアと全く同じ形状です。

f:id:purple0221:20190415154402j:plain



使用方法・必要なもの

使用するにはジェルを硬化するライトとジェルクレンザーが必要です。

 

f:id:purple0221:20190305163635j:plain

かなり昔にエターナルベーシックというネイルのブランドで買った簡易的なものがあったのでそれを使用しました。

(まだ使えてよかった)

最初にクレンザーで爪表面の余分な油をふき取ります。

そのあとマニキュアと同じ要領で爪に塗っていきます。

開けた瞬間ジェルネイル特有のツンとする匂いがしました。

簡易的とはいえやはり匂いはします。

気になる方は喚起したほうがいいかも。

塗る順番は、親指に塗る→硬化→そのほかの指に塗る→4本まとめて硬化の順番でやりました。

 

塗るときの注意点

ちょっと家の中の黄色い照明の下でやったので色が変ですが、普通に塗ると液が爪の周りにあふれてしまいました。

f:id:purple0221:20190415154433j:plain



 

ちょっと少なめにして、際まで塗らずちょっと内側で止めておくとちょうどいい仕上がりになると思います。

硬化するまではふき取れば何度でもやり直せるのがジェルネイルのいいところです。
失敗したら迷わずやり直しましょう。
とはいっても、両手で5分もかからないうちにやり終えました。

 

仕上がり

どうでしょうか。

f:id:purple0221:20190305163813j:plain

これで1度塗りの状態です。

もっと均一に仕上げたい場合は2度塗りしてもいいと思います。

私は透明感がある仕上がりが好きなので、これでもちょっと濃いくらい。

なので、1度だけで止めておきました

最後のふき取りは不要と書いてありましたが、一応表面をクレンザーできれいに拭きました。

ガラスのようにつやつやという感じの仕上がりではないので、つやを出したい方は普通のマニキュアのトップコートを塗ればつやが出ると思います。

 

まとめ

ジェルミーワンはお値段も1000円ちょっとと、普通のマニキュアと同じくらいの値段で買えます。

プロと同じ仕上がりとまではいきませんが、凝ったデザインでなければ自分でできるのでとても便利ですよね。

お店でやってもらうと5000~6000円以上はしますし、たまにやってもらうくらいで、普段は家でできるジェルネイルで十分かなと思いました。

仕事で派手なネイルができない方は単色ネイルは自宅でやるのがコスパもいいしおすすめです。

最近は硬化するライトも5000円以下で売っているものが結構あるので、興味のある方はぜひ試してみてくださいね。

爪のトラブル

最後に、自宅でジェルネイルをする場合は衛生状態に注意してください。

爪とジェルネイルの間にカビが繁殖してしまうリスクがあるためです。

お店でやってもらった場合でも、なるときはなってしまうのですが、最初にジェルをするときに不衛生だったり、途中でジェルが浮いてきて中に水が入った状態を放置していたりするとよくありません。

また、疲れなどによって免疫力が落ちた場合もなりやすいそうです。

そして、爪が乾燥している場合、ジェルネイルが周りからはがれてきやすくなるので、必ず定期的にオイルを塗ったりして保湿しましょう。

きちんと管理すれば自宅で簡単にジェルネイルが楽しめますよ。