ぱーぷるのブログ

大人の美容情報や趣味の食べ歩きなどを載せています。

肌悩み別!おすすめのコントロールカラーと使い方

ファンデーションを塗っても、なんだかきれいに仕上がらない。

黄ぐすみ・クマ・赤ら顔・顔全体がどんよりくすんで見える。

など、ベースメイクに関する悩みは尽きませんよね。

 

そんな時にはコントロールカラーを使うのがおすすめです。

自分に合った色を選べば、悩みもすっきり解消できますよ。

ファンデーションはそのままに、コントロールをプラスするだけで、見違えるような仕上がりに変化します。

選ぶカラーも重要なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

f:id:purple0221:20190311012413j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 <目次>

 

肌悩み別おすすめコントロールカラー

 

黄ぐすみ肌

日本人は黄色人種なので、「もともとの黄色みは仕方がない」と思っている方もいるかもしれませんが、実は代謝や血行が悪くなることによって起こっている場合も。

黄くすみが気になる方にはオレンジのコントロールカラーがおすすめです。

よく「くすみにはピンクがいい」といわれていますが、黄色っぽい肌にいきなりピンクをつけてしまうと、なんだか余計にどんよりして見えてしまうことも。

特に首の色は顔よりも黄色みが強いのが一般的なので、顔と首の肌色の差ができてしまいます。

オレンジは少し黄色みも入っていますが、自然な透明感や血色感を出してくれるのでおおすすめです。

 

オレンジはクマを自然にカバーしてくれる効果もあるので、目の下のクマが気になる方にもおすすめです。

また、イエローベースの方がブルーベースの色味に挑戦したいときも、オレンジのコントロールカラーを使えば浮いて見えにくくなりますよ。

 

血色が悪い

色が白くて血色の悪い方にはピンクのコントロールカラーがおすすめです。

もともと青白い透明感のある肌色なので、ピンクを使うことによって肌の白さが生きて健康的な肌色にしてくれます。

また、メイクもチークや口紅を発色のいいものに変えると、パッと顔色が明るくなるのでおすすめですよ。

 

赤ら顔・ニキビ

赤ら顔の方は血流が悪くほほのあたりに血液が停滞してチークを塗ったように赤くなってしまったり、ニキビなどで炎症が起こり赤ら顔になってしまっている場合があります。

そんな方にはイエローのコントロールカラーがおすすめです。

グリーンのカラーもいいのですが、イエローのほうがより自然に赤みをカバーできます。

シミが気になる方や敏感肌の方にもおすすめです。

頬の赤みが気になる方は、スキンケアの際マッサージなどを取り入れて血流をしっかり整えてあげるのがいいでしょう。

 

効果的な使い方

顔色の悩みは目の下、ほほの部分に出やすいので、コントロールカラーはそのあたりを中心にのせていきましょう。

最後にスポンジでなじませると、しっかりなじんで化粧持ちがよくなります。

下地の後に使ってもいいですし、下地の効果があるコントロールカラーもありますので、お好みで選んでみてください。

 

顔の色むらの原因

多くの場合は血行不良や紫外線ケアの不足によって起こっています。

体を冷やさないようにし、週に1・2度はマッサージを取り入れるなど、血流の改善をすることによって目立たなくなることもあります。

また、紫外線ケアを怠ると肌の「糖化」が起こり、黄色くくすんだような肌色になってしまいます。

日焼け止めをしっかり塗り、美白ケアを取り入れるのもおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

最近はコントロールカラーもいろいろなものが増えてきていますので、使用感やブランドで幅広い選択ができますね。

カネボウのコフレドールから、カラーコントロールキンプライマーUVという5色のコントロールカラーも発売されています。

自分に合った色をチョイスできるので、ぜひチェックしてみてくださいね。