ぱーぷるのブログ

大人の美容情報や趣味の食べ歩きなどを載せています。

その化粧品大丈夫?使用期限と正しい保管方法

あなたは化粧品の使用期限、正しくチェックできていますか?

スキンケアやメイクにも使用期限はちゃんとあります。

古いものを使っていると、肌荒れなどの原因にもなりますので、ぜひチェックして断捨離してみてくださいね。

f:id:purple0221:20190311132921j:plain

 化粧品の使用期限

 

スキンケア

スキンケアの使用期限は大体開封後半年間。長くても1年以内には使い切るのがおすすめです。

例えば、季節が変わったからとスキンケアを秋冬用の保湿タイプから春夏用の美白タイプに切り替えるかたもいますよね。

その際に前のものが残った状態で次のものに変えて、また秋冬が来たら前のものを使おうと思うこともあると思います。

私も結構やってしまっているのですが、半年以上保管する場合はこの後紹介する保管方法をしっかり守ってくださいね。

 

メイク

メイクはスキンケアほど水分を多く含んでいないので、大体3~5年ほどは大丈夫です。とはいっても、使用頻度の低いアイシャドウパレットなどはそれ以上残っている場合もありませんか?

メイク用品も年数がたつにつれて酸化が進んできますので、色が濁ってきたり、粉質が変わってきたり、肌荒れを起こしやすくする可能性がありますので、一度見直してみてくださいね。

また、リキッドタイプの口紅やアイシャドウなど水分の多いものは半年くらいでにおいが変わってきたりするなど変化が表れてきますので、1年くらいを目安に使いきったほうがいいと思います。

 

試供品(サンプル)の使用期限

試供品の使用期限は花王カネボウなど明記しているブランドもあります。

試供品は内容量が少なく、すぐに使用することを考えて作られていますので、現品よりも使用期限が短いと思ってください。

袋に入ったパウチサンプルよりも、小さいボトルタイプのほうが密閉性が低いので、さらに使用期限は短くなります。

気になる場合はもらったところに尋ねてみましょう。

まれに自宅で保管していた古い試供品を使って肌がかぶれる方もいます。

試供品の場合はお店でどのくらい保管されていたかもわからないので、旅行の時まで取っておくのではなく、早めに使い切るのがおすすめです。

 

保管場所・保管方法

保管場所は一年中気温差があまりなく、涼しくて暗い場所がおすすめです。

医薬品の保管条件と同じですね。

日差しが当たるような窓の近くは避けたほうがいいでしょう。

車の中に置いておくのも、品質が変化しやすいのでやめましょう。

 

冷蔵庫での保管はOK?

たまに化粧水などを冷蔵庫で保管される方がいますが、化粧品に冷蔵庫で保管しても大丈夫という明記がされていない場合は避けたほうがいいと思います。

化粧品自体が冷蔵庫などの極端に温度が低い場所での保管を前提としてつくられていないためです。

エリクシール スリーピングジェルパックは、お手入れの最後に塗って寝るパックなのですが、夏場は冷蔵庫で保管できるように実験をして許可を取っているそうです。

このように一部例外はありますが、基本的には室温で管理するのがいいでしょう。

 

スポンジの交換

メイクやスキンケアだけでなく、スポンジの交換も定期的に行いましょう。

最近はファンデーションのレフィルにおまけでスポンジがついている商品も多いですが、最低でもファンデーションを買い替えるタイミングでスポンジも新しい物に交換するのがおすすめです。

同じスポンジをずっと使い続けている方って、意外と多いんですよね。

スポンジには雑菌などが繁殖しやすいので、最低でも週に1回はスポンジクリーナーで洗浄し、1か月~2か月くらいで新しいものに交換しましょう。

新しいスポンジだと化粧のりもいいですよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

意外と見落としがちな化粧品の使用期限と保管方法についてしっかり確認できたかと思います。

衣替えの季節に化粧品も一緒に見直すのもいいかもしれません。

化粧品、特にメイク用品は捨てるタイミングがわからず、どんどんたまりがちですよね。

「昔気に入っていたアイテム」も使用期限を過ぎていると思うと断捨離することができるかもしれませんね。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね。