ぱーぷるのブログ

大人の美容情報や趣味の食べ歩きなどを載せています。

本気でシミを美白するならHAKUをシリーズで使うのがおすすめ!

f:id:purple0221:20190324195846j:plain

<出典元>資生堂公式サイト

先日新しくHAKU薬用美白美容液ファンデが発売されて話題となりました!

日中の肌をファンデーションでケアしてくれるという新しいコンセプトと、マツコ・デラックスさんのCMのインパクトもすごかったですね。

資生堂って、結構モデル選びが厳しいイメージがありましたが、ここにきて一気に変化球が来たことで本気具合がうかがえますね。

<目次>

 

HAKUってどんなブランド?

 

さて、HAKUといえば美白に特化したブランドです。

13年間売り上げナンバーワンの美白美容液メラノフォーカスVが有名ですね。実際に使ってみたことのある方も多いのではないでしょうか。

HAKUの美白美容液は昔からある商品なので、古くから愛用している方も多いのですが、私がドラッグストアで働いていた時、60代や70代のお客さんで肌色が明るくてきれいな方は大体HAKUを使っていました。

やっぱり使い続けると効果があるんだな」と実感させられました。

 

しかし、一方で化粧水や乳液までライン使いしている方は少ないのではないでしょうか?

大体の方が他のブランドの化粧水や乳液に、HAKUの美容液をプラスで使っているイメージがあります。

でも、それって「損をしている」んですよ!

化粧水・乳液・美容液・ファンデーションはそれぞれシミに対するアプローチ方法が違うんです。

HAKUはシリーズで使ってこそ、あらゆるところからシミに対する効果を実感できるんです。

 

今回は使ったことのない方もそうでない方も、効果的な使い方とそれぞれのアイテムの効果をじっくりご紹介していきたいと思います。

私はこのシリーズ使いをして、真夏にもかかわらず肌色が1トーンアップしてファンデーションの色が合わなくなったほどでした。

美白化粧品を使っても効果が表れにくいというかたは、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

 

HAKU アクティブメラノリリーサー(化粧水)

by カエレバ

 

こちらの化粧水は使いやすいポンプタイプでとろみのある使用感が特徴です。

使い方はコットンにディスペンサー3回押し分をとり、らせんを描くようにくるくるとなじませていきます。

肌の表面にある余分なメラニンをふき取ることによって、シミの発生を防いでくれる効果があります。

古い各層なども優しく取り除いてくれるので、必ずコットンを使用してなじませてください。

なじませた後のコットンは余分なメラニンや各層でちょっと茶色っぽくなります。

顔になじませた後、首や耳の後ろ、ひざやひじなどを拭くのもおすすめです。

ターンオーバーを正常に保ち、肌が柔らかくなります。

 

HAKU メラノディープモイスチャー(化粧ジェル)

by カエレバ

 

こちらは一見オールインワンジェルのように見えますが、実は化粧水なんです。

アクティブメラノリリーサーは冬や乾燥肌の人には保湿効果がちょっと物足りないこともあります。そういう場合はこちらのしっとりタイプの化粧ジェルを使うのがおすすめです。

 

HAKU インナーメラノディフェンサー(乳液)

by カエレバ

 

HAKUの乳液はシミを早く外に排出してくれる働きがあります。

シミがある部分は代謝が落ちてしまっているので、それを補うことができます。

今シミが気になっている方は必ず使うことをおすすめします。

使い方はディスペンサー3回押し分をコットンにとり、くるくるとらせんを描くように顔全体になじませていきます。

乳液をコットンで使ったことのない方も多いかもしれませんが、化粧水も乳液もコットンでなじませほうが浸透もいいですし、広範囲に均一に塗ることができます。

特に乳液は使った後の余分なべたつきを感じなくなるので、朝は化粧崩れも防げて便利ですよ。

 

HAKU メラノディフェンスパワライザー(炭酸泡乳液)

by カエレバ

 

こちらは珍しい泡で出てくる美白乳液です。

炭酸泡の効果が加わることで、インナーメラノディフェンサーに比べると格段にシミの出効果がアップします。

パッと見こちらのほうが値段が高いので、インナーメラノディフェンサーの方を買う方も多いのですが、使用できる日数がメラノディフェンスパワライザーのほうが長く、1日当たりの単価が全く同じなので、効果の面を考えてもこちらを使うほうがおすすめです。

 

使い方は手のひらにさくらんぼ粒大をとり、顔にのせた後指先で優しくパッティングするようになじませていきます。最後に両手でしっかりと顔全体を包み込むようになじませれば完了です。

この乳液は個人的にかなり効果を実感できると思います。

泡タイプの乳液なので、さっぱりしているのかなと思いきや後肌はしっとりツルツルになります。

 

HAKU メラノシールドマスク

by カエレバ

 

夏に特におすすめしたいスペシャルアイテムです。

こちらはなんと、美容液の約半分の美白成分が凝縮されたマスクです!

その日1日浴びた紫外線をなかったことにしてくれる」というスゴイアイテム。

なので、海や旅行などで紫外線をたくさん浴びた日の夜に使ってほしいアイテムです。

上下で分かれており、ほほの一番紫外線に当たった部分は2重に重なるようになっているので、気になる部分をしっかりケアしてくれます。

 

使い方は化粧水で肌を整えた後、まずは上半分を貼ります。次に下半分をグイっと引き上げてリフトアップさせながらつけると効果的です。

10分ほどではがせるのですが、美白成分たっぷりのマスクなので、ぜひ首や体にも液をしっかりなじませてくださいね。

1枚当たりの値段はちょっとお高めですが、それだけの価値はあるかと思います。

 

HAKU メラノフォーカスV

 

もう日本一有名といっても過言ではない美白美容液なので、使ったことがある方も多いかもしれませんね。

私がHAKUをおすすめする理由は、肌の表面から深部まですべてに美白のアプローチをしてくれるからです。

 

美白成分にはそれぞれ特徴があって、アプローチする部分も違うんですよね。

シミの発生メカニズムは複雑なので、なるべくたくさんの場所に効果のある成分が最強!ということになるんです。

HAKUに配合されている4MSKは肌のあらゆる部分に働きかけ、あらゆる種類のシミに対応した、万能成分なんです。

 

使用感はクリームのようなジェルのような感触で、保湿はしっかりできますがべたつきは少ないと思います。

化粧水と乳液の間に2プッシュを顔全体になじませ両手のひらでしっかりなじませます。

頬のシミができやすい部分や気になるところには重ね付けをしてもOKです。

 

シミがある部分は炎症が起きているらしく、HAKUにはその炎症を抑える働きもあります。

シミだけでなく、ニキビや肌荒れによる炎症も抑えてくれるので、肌が荒れやすい方にもおすすめですよ。

つけた後は肌が落ち着いていくのが実感できると思います。

3日間使うと顔が明るくなるのを感じると思います。

つけた翌日から化粧乗りもよくなりますよ。

 

 

www.purple0221.com

 

HAKU 薬用美白美容液ファンデ

 

いよいよ発売されたHAKUの美白ファンデーション!

名前に”美白美容液”と入れているところが、自信を感じさせますよね。

それもそのはず、なんとHAKUメラノフォーカスVに配合されている美白成分4MSKが入っているんです!

このファンデーションをつけているだけで、日中も美白のケアができてしまうという、これからの季節にうれしいファンデーションです。

 

大体美白効果のあるファンデーションは、シミをカバーするために厚塗り感のある仕上がりになってしまうことが多いのですが、今回のHAKU美白美容液ファンデはカバーできるのにナチュラルで仕上がりが絶妙なんです。

しかもつけた後は表面がサラサラになるので、おしろいはつけなくてもOK。

 

メーカー推奨ではスキンケアの後、何もつけずにそのままファンデーションを塗るようになっていますが、個人的には日焼け止めを塗ってからのほうがいいかと思います。

(SPF30 PA+++)になっていますが、正直ファンデーションのような少量で日焼け止めの効果を発揮するのは難しいと思います。

通常顔だと10円~500円玉硬化大の日焼け止めが必要だといわれています。

せっかく美白効果のあるスキンケアを使っているので、UVケアはしっかりするのがおすすめです。

 

ちょっと明るく仕上がるので、色は店頭で見てもらうか、いつもより1トーン暗めのものを買ってもいいかもしれません。

 

ちなみにメーカーの製造が追いついていないようで、欲しい方は早めに購入されたほうがいいと思います。

1店舗あたりに数個しか入ってきていないところもあるようですよ!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

すでに紫外線が大量に降り注いでいるので、美白が気になる方はすぐに始めることをおすすめします。

メイクで隠すより、明るくてシミのない素肌はいいですよね。

長年HAKUを使用している方々をみて、改めて継続は大切だなと思いました。

私も今よりシミが増えることのないよう、美白ケアはしっかり続けていこうと思います。

この記事が少しでも皆さんの参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。