ぱーぷるのブログ

13年間ドラッグストアで化粧品担当・登録販売者として多くの方の肌悩みや医薬品・健康食品のカウンセリングをしてきました。それらの知識をもとに、有益な情報を発信していきます!

化粧品を買うときはブランドモデルを参考に!年齢別おすすめブランドも紹介!

化粧品を購入するとき、どのブランドのものを買えばいいのか結構迷いますよね。

そんな方に今回は化粧品を買うときのポイントを紹介していきたいと思います。

メイク上級者で、「どのブランドを使ってもそれなりに使いこなせる」という方以外なら少しは参考になる内容かと思います。

 

 

ブランドのイメージモデルをチェック

 

対象年齢が一目でわかるブランドモデルの比較

f:id:purple0221:20190412145559p:plain

出典元:ケイト公式サイト

こういうイメージデザイン的なものが、商品の什器に貼ってあったり、ポスターになっていたり、CMでも流れていたりしますよね?

 

メーカーはブランドモデルを前面に打ち出して、”このブランドはこういうイメージですよ”、”この年代のこんなイメージが好きな人におすすめ”というのをアピールしています。

このブランドモデルを見た時に、「こんな風になりたい!」と思ったかどうかが購入ブランドを決める最大のポイントになると思います。

 

例えば写真のケイトだと、今期は色素薄い系の”病みメイク”をイメージとしています。

新作のパレットもスポンジの形が変わっていて、完全に中級者以上向け。

 

<ホワイトシェイピングパレット 全2種>

 


 

最近はいろんな年齢層の方が使っていますが、イメージモデルを見る限りでは10代・20代のトレンドメイクが好きな方向けに作られていることがわかりますよね。

 

私がドラッグストアで働いていた時は、おばあちゃんがよくケイトを見ていたのですが、品数が多いのとアイシャドウパレットも多色過ぎて使い方がわからないので、何を買えばいいのかわからなくて困っていることが多かったです。

 

そこで、同じカネボウでもメディアだと、

f:id:purple0221:20190412145702p:plain

出典元:メディア公式サイト

こんな感じでモデルの年齢も少しアップ

商品もシンプルで使いやすく、大人の肌悩みに対応していることが一目でわかります。

メイクのイメージも普段に取り入れられそうな仕上がりになっていますよね。

 

年齢別・おすすめプチプラブランド

 

今回はプチプラコスメをおすすめ年齢別で分けて見ようと思います。

絶対に当てはまるわけではないのですが、初心者の方や、年齢による悩みに対応しているアイテムが欲しいという方はぜひ参考にしてみてください。

 

10代~30代向けのブランド

 

・カネボウ ケイト

ちょっと個性的なトレンドメイクが楽しめます。

アイラインやマスカラをしっかり引いたばっちりメイクが好きな方。

アイシャドウのラメがしっかり入っていてコンサバな雰囲気。

パレットに何色も入っているので、日によって仕上がりを変えたい方におすすめ。

 

・資生堂 インテグレート

f:id:purple0221:20190412145748j:plain

出典元:資生堂公式サイト

 どちらかというと20代以降向けのお姉さんっぽい感じ。

 社会人メイクにもおすすめ。

 透明感のあるクリーンで好印象なイメージ。

 かわいい系・ナチュラルメイク派向き

 

・コーセー ファシオ

f:id:purple0221:20190412145832j:plain

出典元:コーセー公式サイト

スポーツしても落ちないウォータープルーフタイプの商品が多め。

一日中メイクが落ちないコンセプト。

メイク初心者向けの簡単に使えるアイテムが多い。

トレンドよりも使いやすさ重視。パッケージや使い方など、とにかくシンプル。

50代以降の汗をかきやすい方にも人気です。 

 

・キャンメイク

f:id:purple0221:20190412145906p:plain

出典元:キャンメイク公式サイト

安いので、色違いでアイテムをそろえたい人向け。

トレンドに敏感で、コスメを良く買う人。

SNSで新商品の使い方を調べられる人向け。

 

 

・コーセー ヴィセ

f:id:purple0221:20190412145938p:plain

出典元:コーセー公式サイト

値段は若干高めですが、品質も良く満足度も高い。

20代以降向け。イメージはケイトのお姉さんブランド的なちょっと落ち着いた印象。

トレンドに敏感な人向け。

ブラウン系のかっこいいメイクが多い。

 

・セザンヌ

個人的には20代後半から30代向けのイメージ。

値段がとにかく安い。

キャンメイクほど若々しくないので幅広い年齢で使いやすい。

品質が良く、ヒット商品も多い。

 

40代以降向けのブランド 

 

・カネボウ メディア

 価格が安く、スーパーなどでも販売しているので手に入りやすい。実際よく売れる。

 年齢肌にしっかり対応した商品がそろっている。

 パウダーファンデーションが売り上げNo.1!

 シンプルで誰にでも使いやすい。

 口紅の発色がいい。年配の方が好きなショッキングピンクなどの色味も豊富。

 

・コーセー エルシア

 使うだけでくすみのない、若々しいイメージにしてくれる。

 スキンケアアイテムもある。

 知名度が低いのか、ほかのブランドに比べると売り上げ個数は少なめ。

 

・資生堂 インテグレートグレイシィ

 シックで大人っぽいデザイン

 BBクリームなどのベースメイクが人気。

 かなり年齢の高い人でも使いやすい時短アイテムがそろっている。

 アイシャドウにラメがあまり入っておらず、しわに入りにくい。

 

・キスミーフェルム

 40~50代向けのブランド

 顔色をパッと明るくしてくれるアイテムが多い

 リップ系アイテムが充実しているので、大体の色味が揃っている。

 

・ちふれ

 安くてシンプルなアイテムが揃っている。

 口紅が安くて色展開も多いので人気。容器とレフィル別売りタイプ。

 商品の入れ替わりが少ないので、同じ商品を使い続けたい人向け。

 

まとめ

大体ですが年代ごとにブランドをまとめてみました。

あくまでも私の個人的なイメージも入ってしまっていますので、実際購入されている年齢層が違う場合もあります(ファシオは年配の方が買われている事が多い気がします)が、参考にはなるかと思います。

今後化粧品を購入する際の参考にしていただければ嬉しいです。

 

おすすめの関連記事はこちら ↓

www.purple0221.com

www.purple0221.com

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村